法華経成立の新解釈 : 仏伝として法華経を読み解く

平岡聡 著

法華経を仏伝という新たな視座から読み解き、ブッダの過去世/在世/滅後という三部構成の物語であると分析する。誰が何を目指して仏伝を再解釈・再構築し、法華経を創作したのか?-独自の推論を法華経成立研究史の中に位置づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論(従来の研究
  • 本書の視点)
  • 第2章 仏伝の考察(起源と展開
  • 仏伝の諸資料 ほか)
  • 第3章 仏伝としての法華経(序品・1-燃灯仏授記
  • 方便品・2-梵天勧請から初転法輪 ほか)
  • 第4章 挿話の考察(化城喩品・7-城喩経類との関係
  • 法師品・10と常不軽菩薩品・20-プールナの伝道説話 ほか)
  • 第5章 法華経の成立をめぐる諸問題(全体の構成
  • 成立の問題-仏伝の発達と法華経段階成立説 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法華経成立の新解釈 : 仏伝として法華経を読み解く
著作者等 平岡 聡
書名ヨミ ホケキョウ セイリツ ノ シンカイシャク : ブツデン ト シテ ホケキョウ オ ヨミトク
書名別名 Hokekyo seiritsu no shinkaishaku
シリーズ名 法華経
出版元 大蔵
刊行年月 2012.10
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8043-0583-7
NCID BB10442072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22170372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想