紀伊半島の民俗誌 : 技術と道具の物質文化論

加藤幸治 著

「人・モノ・情報の流通」の問題意識にたち、特定の時代と状況の痕跡を示すモノの文脈を読みとる試み。近代化とは技術の画一化を促す一方で、その受容のありかたの多様さゆえに地域的差異を生み出す過程でもあった。人々の個別の状況(=生活世界)の論理こそが、技術やモノ(民具)を逆に規定していく歴史的推移を記録した10年に及ぶフィールドワークの成果。物質文化と技術の民俗誌(農村・山村・海村)の実験から、流通民具論の新たなアプローチを提案。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 技術と道具の物質文化論にむけて
  • 第1部 農業技術改善の民俗誌(対象地域概要と調査経緯
  • 近世農書にみる技術改善と二毛作経営
  • 近代農政資料にみる技術改善の動向
  • 近代の牛耕農具にみる技術改善ブームと標準の形成
  • 聞書きの中の農業技術改善)
  • 第2部 漁業技術改善の民俗誌(地曳網漁のシステム論的理解
  • 地曳網漁のプロセス論的理解)
  • 第3部 山林資源利用の民俗誌(山村の民俗研究の課題
  • 対象地域概要と調査経緯
  • せめぎあう二次林と人工林
  • 二次林における山林資源んの獲得と流通
  • 傾斜地の水田経営と山村観光)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紀伊半島の民俗誌 : 技術と道具の物質文化論
著作者等 加藤 幸治
書名ヨミ キイ ハントウ ノ ミンゾクシ : ギジュツ ト ドウグ ノ ブッシツ ブンカロン
出版元 社会評論社
刊行年月 2012.10
ページ数 559p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7845-1711-4
NCID BB10548186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22164790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想