バーンアウトの理論と実際 : 心理学的アプローチ

田尾雅夫, 久保真人 著

バーンアウトは燃えつき症候群とも呼ばれ、看護婦などのヒューマン・サービスの分野で問題となっている。本書は、バーンアウトをストレス研究のなかに位置づけながら、本格的な理論研究および看護婦を対象にした大規模な調査により、バーンアウトの本質を明らかにし、その予防と低減を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 バーンアウトの理論研究-予防と低減のために(なぜ、バーンアウトが問題なのか
  • ストレスとしてのバーンアウト
  • 概念と測定
  • 因果関係
  • コーピングの方法)
  • 第2部 バーンアウトの実証研究-看護婦の場合(看護婦という識業
  • ヒューマン・サービス組織としての病院
  • 看護婦のバーンアウト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バーンアウトの理論と実際 : 心理学的アプローチ
著作者等 久保 真人
田尾 雅夫
書名ヨミ バーンアウト ノ リロン ト ジッサイ
出版元 誠信書房
刊行年月 1996.1
ページ数 184p
大きさ 22cm
ISBN 4414301440
NCID BN13717513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想