バイオプロセス工学 : 計測と制御

海野肇 ほか著

本書では、まずバイオプロセスとはどのようなものかについて概観し、バイオプロセスを構成するうえで必要な計測量とその計測手段、ならびにその計測原理について整理し、計測データの採取とその処理の仕方の基礎を理解する。次いで、バイオプロセスの動特性の特徴とその表し方の概略を把握し、バイオプロセスの操作・管理・最適化のための方法論の基礎を体得し、それらが多様で複雑なバイオプロセスの制御にどのように応用されているかの実際について学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 バイオプロセス
  • 2 バイオプロセスにおける計測
  • 3 バイオプロセス変数の計測手段
  • 4 バイオプロセスのモデリングと状態推定
  • 5 バイオプロセスの最適化と制御
  • 6 知的制御とその応用
  • 7 バイオプロセスのモニタリングと制御の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオプロセス工学 : 計測と制御
著作者等 岸本 通雅
海野 肇
清水 和幸
書名ヨミ バイオプロセス コウガク
書名別名 Baiopurosesu kogaku
出版元 講談社
刊行年月 1996.1
ページ数 171p
大きさ 21cm
ISBN 4061397761
NCID BN13713181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想