カステラ文化誌全書 : East meets west

粟津則雄 ほか著

西洋からの贈り物カステラは、なぜ和菓子として結実したのか。十六世紀、日本人とポルトガル、スペイン人との出会いを、カステラを核に壮大かつ精緻に描く、スペクトル食物文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 カステラのルーツを訪ねて(ポルトガルからの手紙
  • カステラのルーツ、ビスコチョをめぐる旅 ほか)
  • 第2部 カステラ・ロード(日欧食文化の出合いと変容
  • 中国菓子と南蛮菓子 ほか)
  • 第3部 カステラの誕生(カステラの生まれた自由交易都市、長崎
  • カステラと村山等安 ほか)
  • 座談会-カステラは洋菓子か、和菓子か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カステラ文化誌全書 : East meets west
著作者等 粟津 則雄
書名ヨミ カステラ ブンカシ ゼンショ
書名別名 Kasutera bunkashi zensho
出版元 平凡社
刊行年月 1995.11
ページ数 239p
大きさ 31cm
ISBN 4582828922
NCID BN13638075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想