現代中国高等教育の成立

大塚豊 著

本書は、中華人民共和国における高等教育の構造的特質を解明するため、同国建国前後の数年間に焦点を当て、高等教育の原型(prototype)が形成されていった過程を主として歴史的手法により分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 現代中国高等教育成立史研究の視点と方法
  • 第1章 欧米系大学の終焉
  • 第2章 解放区型大学の系譜
  • 第3章 「院系調整」-大学組織の再編成
  • 第4章 行政における多数省庁所管方式の導入
  • 第5章 カリキュラムの社会主義的改造
  • 第6章 社会主義的大学教師陣の形成
  • 第7章 統一大学入試制度の導入過程
  • 第8章 卒業生の統一的職場配置と需給の一致
  • 第9章 人民助学金制度の定着過程
  • 第10章 学内居住方式の起源と展開
  • 結論 中国高等教育の土着性・外来性
  • 補論 中国高等教育の効用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代中国高等教育の成立
著作者等 大塚 豊
書名ヨミ ゲンダイ チュウゴク コウトウ キョウイク ノ セイリツ
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1996.1
ページ数 444p
大きさ 22cm
ISBN 4472107414
NCID BN13755206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想