再生産論を読む : バーンスティン,ブルデュー,ボールズ=ギンティス,ウィリスの再生産論

小内透 著

不平等の再生産克服に無力を露呈しながら、依然権威を失わぬ現代の教育システム-資本主義社会の根底にわだかまるこの強固な再生産構造の秘密は何か。代表的諸理論の精緻な解析を通じ、現実解明の新たな武器として、鋭く研ぎ澄まされた論理の刃。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 問題意識と課題
  • 第1章 バーンスティンのコード理論の展開過程
  • 第2章 ブルデューの文化的再生産論と階級論
  • 第3章 ボールズとギンティスの対応理論の発展過程
  • 第4章 ウィリスの三つの再生産論
  • 終章 再生産論の課題と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 再生産論を読む : バーンスティン,ブルデュー,ボールズ=ギンティス,ウィリスの再生産論
著作者等 小内 透
書名ヨミ サイセイサンロン オ ヨム
書名別名 Saiseisanron o yomu
出版元 東信堂
刊行年月 1995.7
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 4887132220
NCID BN12958434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想