税務調査を受ける : 新しい税務調査手法に対する対応法を会社に求める 会社の緊張と負担を軽くする本

河手博 著

本書は、国税調査官としての著者の豊富な大験に基づいた「税務調査対応トラの巻」。税務調査を受ける会社の緊張と負担を軽くすることを主眼としている。事実認定に役立つ主要項目の点検・応用力の養成と新しい税務調査手法に会社がどう対応すべきかの秘訣を示唆。調査官の必裡を読む術を教えてくれる。全篇わかりやすい文章で、どの章から読まれても役に立ち理解できるように構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 税務調査の主役は-模擬税務調査が効果的
  • 税務調査と切り離せない質問検査権
  • 収入金額の計上もれをシャットアウトする
  • 仕入金額の反面調査対策は相手方との事前チェックが必要
  • 交際費調査にどう対応するか-領収書のない交際費
  • 交際費調査にどう対応するか-交際費と隣接費用
  • 交際費調査にどう対応するか-使途不明金は誠意あるのみ
  • 守備範囲の広い寄付金
  • 慎重を期したい旅費の支給
  • たな卸資産の評価損の指摘に備える〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税務調査を受ける : 新しい税務調査手法に対する対応法を会社に求める 会社の緊張と負担を軽くする本
著作者等 河手 博
書名ヨミ ゼイム チョウサ オ ウケル
書名別名 Zeimu chosa o ukeru
出版元 税務経理協会
刊行年月 1996.1
版表示 第4版.
ページ数 412p
大きさ 19cm
ISBN 441902528X
NCID BN15016983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想