是否認の接点 : 法人税調査における  平成7年版 法令解釈編

大蔵財務協会 編

本書は、法令通達の規定の解釈によって、又はその取扱いの不知によって、同じような事例であっても、是認又は否認といったようにその取扱いに差異が生じるケースについて紹介するとともにその適用すべき法令通達について説明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 未収収益と未収金
  • 売上げの繰延べと決算締切日
  • 使用人兼務役員の範囲
  • 2分の1簡便償却
  • 同族会社の判定-同族関係者の範囲
  • 固定資産の取得価額-事後的費用
  • 減価償却費の科目の範囲-償却費として損金経理の意義
  • 企業支配株式等に係る評価損
  • 土地譲渡益課税の通算の可否
  • 売掛債権に係る貸倒損失〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 是否認の接点 : 法人税調査における
著作者等 大蔵財務協会
書名ヨミ ゼヒニン ノ セッテン
巻冊次 平成7年版 法令解釈編
出版元 大蔵財務協会
刊行年月 1995.11
ページ数 108p
大きさ 21cm
ISBN 4754702727
全国書誌番号
96037289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想