開発経済学 : 諸国民の貧困と富

速水佑次郎 著

開発途上国を襲う人口爆発・環境破壊と貧困との悪循環、限られた資源と資本力。はたして低所得国が先進国との百数十倍にもおよぶ所得格差を縮め、発展軌道に乗ることは可能なのだろうか。著者は冷静な現状分析により開発経済の条件と処方箋を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経済発展の理論的枠組
  • 2 開発途上国の発展展望
  • 3 人口成長と天然資源の制約
  • 4 資源の制約を打破するには
  • 5 資本蓄積と経済成長
  • 6 技術進歩とその源泉
  • 7 所得分配と環境問題
  • 8 市場と国家
  • 9 共同体の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発経済学 : 諸国民の貧困と富
著作者等 速水 佑次郎
書名ヨミ カイハツ ケイザイガク
書名別名 Kaihatsu keizaigaku
シリーズ名 現代経済学選書 11
出版元 創文社
刊行年月 1995.12
ページ数 333p
大きさ 23cm
ISBN 4423895110
NCID BN13744673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想