PL法施行後の作例で読むPLを超える広告表現 : マス広告・商品表示・カタログ・警告表示・取扱説明書

山田理英 著

本書は、七月一日以降の広告や商品表示でPL対象にされかねない危ない事例、報道された欠陥商品の実例を中心に、なぜ、どこが問題なのか、それをどう表現すれば回避でき売りにつながる広告を制作できるのか等…を、法律、政府見解、マーケティング、表現技法等を軸に解説。それとともに、PL時代に売りにつなげ成功する戦略を打ち出した企業が勝つことを追求している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 商品表示や広告のPLの落とし穴
  • 第2章 PL法と、ヒット商品を生む新・商品学
  • 第3章 アメリカでタブーの安全約束戦略にみる広告大論点ときわめつけの警告表示
  • 第4章 PLを問われる商品表示・広告の根本を徹底的に洗い直す
  • 第5章 新製品を育てる商品表示と広告戦略
  • 第6章 これが危ない。忘れられた二つのPLP対策戦略
  • 第7章 恐れるな。広告界が一つになれば表示・広告のPLはこれでクリアにできる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 PL法施行後の作例で読むPLを超える広告表現 : マス広告・商品表示・カタログ・警告表示・取扱説明書
著作者等 山田 理英
書名ヨミ ピーエルホウ シコウゴ ノ サクレイ デ ヨム ピーエル オ コエル コウコク ヒョウゲン
書名別名 Pieruho shikogo no sakurei de yomu pieru o koeru kokoku hyogen
出版元 産能大学出版部
刊行年月 1995.11
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 438205320X
NCID BN13597783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想