レイモン・アロンの政治思想

北川忠明 著

アロンの「歴史=政治社会学」の透徹したリベラリズムと超領域的な論究に現代理解の可能性をさぐる。フランスにおける諸研究をふまえ、アロンの思想を総合的に考究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 レイモン・アロンの精神的軌跡-1930年から1955年まで(レイモン・アロンの思想的出立点-『歴史哲学序論』にむかって(1930‐1937年)
  • 政治学序論としての『歴史哲学序論』
  • 全体主義批判と自由・民主主義の救出(1939‐1944年)
  • レイモン・アロンと実存主義的マルクス主義-「理性の理念」の行方(1945‐1955年))
  • 第2部 レイモン・アロンの政治社会学(レイモン・アロンにおける学問と政治-政治社会学の方法
  • 比較政治体制と政治社会学
  • 「自由〔Les libert'es〕」の政治社会学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レイモン・アロンの政治思想
著作者等 北川 忠明
書名ヨミ レイモン アロン ノ セイジ シソウ
書名別名 Reimon aron no seiji shiso
出版元 青木書店
刊行年月 1995.12
ページ数 248p
大きさ 22cm
ISBN 4250950522
NCID BN13711084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想