築城 : 覇者と天下普請

松本諒士 著

[目次]

  • わが国の築城史において異彩を放つ、天下人主導による築城=天下普請に着眼、なかでも規模・技術・意匠の諸点で最高潮を迎えた安土・桃山・江戸時代初期の名城の数々を、豊富な資料を駆使して詳述した。時代時代の天下人、信長・秀吉・家康が行なった築城の経緯を解説することにより、城が戦いのための施設から戦略的・政治的、かつ都市の中心地としての機能をも兼ね備えた空間、いわば近世という時代文化の象徴へと移行していくさまが理解できる、城郭愛好家に待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 築城 : 覇者と天下普請
著作者等 松本 諒士
書名ヨミ チクジョウ
書名別名 Chikujo
出版元 理工学社
刊行年月 1996.1
ページ数 212p
大きさ 27cm
ISBN 4844591053
NCID BN1384973X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想