仏教誕生

宮元啓一 著

インドで生まれた仏教は、長い道のりのすえ日本にももたらされ、今日も私たちの暮らしのなかに根付いている。しかし釈尊が説いたのは、はたして、私たちになじみ深い「慈悲」と「救済」の教えだったのだろうか。インドの思想的土壌のなかから、どんな革新性をもって仏教が誕生したのか、その原点を追い、「経験論とニヒリズムに裏打ちされたプラグマティスト」釈尊の思想の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 仏教前夜
  • 第2章 釈尊の生涯
  • 第3章 最初期の仏教の考え方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教誕生
著作者等 宮元 啓一
書名ヨミ ブッキョウ タンジョウ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.12
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 448005653X
NCID BN13652214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想