臨床・コミュニティ心理学 : 臨床心理学的地域援助の基礎知識

山本和郎 ほか編著

心理臨床は学校や職場はもとより、地域-市民生活-のなかでも、さらには災害時にも、その活動が求められている。本書は-コミュニティのなかで、どのような人々と手をたずさえ、どのような人々を対象に、どのような方法でアプローチすれば、心理臨床が役に立つのかを体系的に追求した初めての本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コミュニティ心理学とは
  • 2 コミュニティ心理学およびコミュニティ心理学心理臨床の背景
  • 3 コミュニティ心理学からみた心理臨床家
  • 4 コミュニティ心理学的介入・援助とその評価
  • 5 コミュニティ心理学的アプローチの実践的展開
  • 6 今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床・コミュニティ心理学 : 臨床心理学的地域援助の基礎知識
著作者等 山本 和郎
久田 満
箕口 雅博
原 裕視
書名ヨミ リンショウ コミュニティ シンリガク
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1995.12
版表示 初版第3刷
ページ数 287p
大きさ 26cm
ISBN 462302539X
NCID BA51382826
BN13668258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想