歌・かたり・理 : 日本思想の姿と構造

野崎守英 著

日本的表現装置としての"歌""かたり""理"とは何だろうか。これら三層の装置によって日本の思想はどのように語られたのか。神話・物語・歌・芸能までも視野に収めて、日本の表現の中にこめられた"哲学"を模索した傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本における神概念の諸層-『日本書紀』を軸に
  • 死の香り生の香り-平安期精神の位相
  • 謡曲「山姥」が暗示するもの-古代的経験の解読への序章
  • 歌の領分神の領分-『万葉集』の場で
  • 語りの諸層人の諸層-『源氏物語』と説経節『をぐり』をめぐって
  • 理言割り事割り1-三浦梅園『玄語』「例旨」「本宗」をめぐって
  • 理言割り事割り2-西田幾多郎における「場所」構想の位相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌・かたり・理 : 日本思想の姿と構造
著作者等 野崎 守英
書名ヨミ ウタ カタリ コトワリ
書名別名 Uta katari kotowari
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1996.1
ページ数 335, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4831507040
NCID BN13784088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想