たのしい科学の本  物理・化学

左巻健男 編著

本書では、中学校で習う理科(場合によっては、プラスアルファあり)の範囲、つまり本当に基本的なこと、でも、ここまでわかる、ということが書いてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 教室の空気を集めると重さはどのくらい?
  • 水溶液はなぜ透明?
  • 台所で見つけた宝石-食塩の結晶
  • 身近な溶液に多いコロイド溶液
  • 江戸時代の花火と今の花火-花火の色は炎色反応
  • 空気の成分気体の発見
  • 「なまけもの」気体の発見
  • 今の大気はどうしてできた?
  • 気分はバラバラビュンビュン
  • 熱と分子運動の話-低温には限りあり〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たのしい科学の本
著作者等 左巻 健男
県 秀彦
書名ヨミ タノシイ カガク ノ ホン
巻冊次 物理・化学
出版元 新生
刊行年月 1996.2
ページ数 160p
大きさ 21cm
ISBN 488011068X
NCID BN14832936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想