『イジチュール』あるいは夜の詩学

佐々木滋子 著

1860年代後半の、マラルメの『危機の時代』の痕跡をもっとも色濃くとどめる未完の作品『イジチュール』の精密な読解を通して、この作品の、マラルメ作品史上の位置を確定するとともに、『危機』の本質とその超克に肉迫する気鋭のマラルメエンヌの野心的大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 夜の物語
  • 第2部 夜の詩学
  • 結論 『イジチュール』あるいは夜の経験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『イジチュール』あるいは夜の詩学
著作者等 佐々木 滋子
書名ヨミ イジチュール アルイワ ヨル ノ シガク
書名別名 Ijichuru aruiwa yoru no shigaku
出版元 水声社
刊行年月 1995.12
ページ数 402p 26枚
大きさ 22cm
ISBN 489176323X
NCID BN13860357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想