闇の想像力

梁石日 著

日本的状況の闇のただなかを生きる強靱な精神が、現実の生と解放への闘いを語る。抵抗の在日文化について、日本文学の閉鎖性について、表現と差別について、民族と国家、難民について…。自らの内面を語りつつ世界に連なる、真にアクチュアルな評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 闇の想像力
  • 鎖国の中の戦後文学
  • 否定の同時性と言葉
  • 遙かなる境界線
  • 激動の世界とマルクス主義
  • 断ち切られる過去と未来
  • 在日文学の可能性
  • 門戸は開かれた-映画『月はどっちに出ている』の完成に際して
  • 新宿梁山泊よ、過激に地の果てをめざせ
  • 呉日(オウイル)のイマージュ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 闇の想像力
著作者等 梁 石日
書名ヨミ ヤミ ノ ソウゾウリョク
書名別名 Yami no sozoryoku
出版元 解放出版社
刊行年月 1995.5
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4759251146
NCID BN12815459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想