生命かがやく日のために

斎藤茂男 著

親の期待や喜びを、一身に受けて誕生してくる小さな命。しかし、その子どもが四肢や脳に重大な障害をもって生まれてきたら、人はどうするだろうか。刻々変化する赤ちゃんの生死の行方を見つめながら、親の哀しみと社会の無関心をありのままに綴った秀作。人間の真の幸福とは何か、社会のやさしさとは何かを、深く静かに考える感動のルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生命かがやく日のために(新生児室の闘い)
  • 第2部 赤ちゃんの遺産(波紋
  • この子らを世の光に
  • わが胸の底に棲むファシズム
  • 「福子」のいなくなった飽食社会
  • 命は命たちに支えられて生きている
  • 取材ノート)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命かがやく日のために
著作者等 斎藤 茂男
書名ヨミ イノチ カガヤク ヒ ノ タメニ
シリーズ名 講談社+α文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.1
ページ数 333p
大きさ 16cm
ISBN 406256128X
NCID BB05494725
BN13870612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想