南蛮更紗

新村出 著

煙草、時計、ちゃるめら、賀留多など身近な言葉の源を探り、キリシタン文学から生きた日本語を切り取る。『広辞苑』の編者として著名な言語学者・新村出が綴る、36篇の多彩な随筆集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 雪のサンタマリヤ
  • 吉利支丹文学断片
  • 遵主聖範の旧訳本
  • 吉利支丹宗の遺物
  • 日本最古の銅版画
  • 南蛮趣味と和歌其他-三百年前の回顧
  • 南蛮に関する俚謡とその他
  • 真宗と切支丹
  • 煙草と煙管〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南蛮更紗
著作者等 新村 出
書名ヨミ ナンバン サラサ
書名別名 Nanban sarasa
シリーズ名 東洋文庫 596
出版元 平凡社
刊行年月 1995.12
ページ数 422p
大きさ 18cm
ISBN 4582805965
NCID BN13528656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想