風来坊奉行

左近隆 著

十三夜の青い月の晩、岡っ引きのたまごのような存在の小吉は柳橋から舟を流して、名の通った釣場で糸を垂れていた。相客はただ一人、大川魚太郎と名乗る若侍であった。と-、その海面に浮かんだのは、まっ白な裸の女が互いの黒髪で足首をつぎつぎと結び、ぐるぐる回りながら漂っている死人の輪だった。が、それはいずれも精巧に造られた人形で、人間は一体だけだった。いったい、誰がこんな悪戯を…。それとも、いま江戸の街に不気味な噂の流れている"まぼろし頭巾"なる怪人の仕業ででもあろうか…。何の自慢にもなりはしないが、"大江戸無宿人"の大川魚太郎はこの夜から、小吉の長屋に居候に入った。-はたして事件の核心と、若侍大川魚太郎なる人物の正体とは…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風来坊奉行
著作者等 左近 隆
書名ヨミ フウライボウ ブギョウ
書名別名 Furaibo bugyo
シリーズ名 春陽文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1995.6
ページ数 233p
大きさ 16cm
ISBN 4394156351
全国書誌番号
96036589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想