媚薬の旅

土屋隆夫 著

少年少女がつぎつぎに自殺する。しかし、その動機が判明しなかった。彼らはなぜ死を選ぶのか。…それを解き明かしたのは芥川龍之介だった(「芥川龍之介の推理」)-「人間が生み出す謎を、心理学者や精神科医とは違う、推理作家の目で、人間の心の深奥にひそむ隠された謎を探り、それを推理小説の手法で解明する。…」と語る著者の、短編、珠玉の作品集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 媚薬の旅
著作者等 土屋 隆夫
書名ヨミ ビヤク ノ タビ
書名別名 Biyaku no tabi
シリーズ名 光文社文庫
出版元 光文社
刊行年月 1996.1
ページ数 346p
大きさ 16cm
ISBN 433472180X
全国書誌番号
96036586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想