白愁のとき

夏樹静子 [著]

五十二歳という働き盛りの造園設計家・恵門を突然襲った記憶の空白。異常を感じた彼が友人の医師・八木に診断を迫ったところ、アルツハイマー病の疑いがあり、"精神余命"があと一年であることを告知されてしまう。アルツハイマー病が原因不明・治癒不能の病であり、記憶の障害から始まって精神能力と人格が徐々に滅びていくことを知り、恵門は暗然たる恐怖に打ちのめされるが…。生への執着と死への誘惑の間で揺れ動く男の絶望と救済を、叙情あふれる筆致で描いて新境地を拓いた力作長編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白愁のとき
著作者等 夏樹 静子
書名ヨミ ハクシュウ ノ トキ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1996.1
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 4041445299
NCID BN14526521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想