天下の旗に叛いて

南原幹雄 著

室町幕府に抗して滅ぼされた四代目鎌倉公方足利持氏の遺児たちは幕府軍に追われる流浪の身となっていた。下総国の豪族結城氏朝、持朝父子は義によってこのかつての主君の子を擁し、天下に叛旗を翻す。押し寄せる十万余の大軍を相手に、わずか一万の軍勢は果敢に戦い続けた。室町時代中期、関東を揺るがせた大いなる叛乱。戦場に展開するさまざまな人間模様を描く歴史長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天下の旗に叛いて
著作者等 南原 幹雄
書名ヨミ テンカ ノ ハタ ニ ソムイテ
書名別名 Tenka no hata ni somuite
シリーズ名 福武文庫
出版元 ベネッセコーポレーション
刊行年月 1996.1
ページ数 345p
大きさ 15cm
ISBN 4828857591
NCID BN14452877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想