瓦礫の下の小説 : 阪神大震災が押し潰した二十歳の夢と青春

重松克洋 著

'95年1月17日、関西学院大学2年生(当時)の重松克洋君は、崩れたアパートの下敷きになり、青春さなかの生を閉じた。数日後、友人たちが瓦礫の下から掘り出した遺品の中に、泥にまみれた原稿用紙が…。365日ぶりに甦る、二十歳の魂の叫び。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 『太陽と死と』-野坂昭如
  • 第1章 『ある"無名の死"の記録』
  • 第2章 重松克洋短編遺稿集-『時の輪』
  • 第3章 『遼洋詩文集』(ノートに刻まれた青春)より
  • あとがき 武久堅(関西学院大学教授)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 瓦礫の下の小説 : 阪神大震災が押し潰した二十歳の夢と青春
著作者等 重松 克洋
関西学院大学重松君を偲ぶ会
書名ヨミ ガレキ ノ シタ ノ ショウセツ
書名別名 Gareki no shita no shosetsu
出版元 集英社
刊行年月 1996.1
ページ数 150p
大きさ 18cm
ISBN 4087802183
NCID BN13759127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想