季節はずれの殺人 : 板前探偵包丁推理

山村正夫 著

警視庁捜査一課の警部補・岩下は、殺人事件が起こるたび、天下一品の鮨を出す行きつけの店『鮨泉』を訪れる。主の板前・北園の、名探偵よろしく冴えわたる、切れ味鋭い包丁推理を聞くためだ。グルメな刑事と粋な板前名コンビが活躍する本格グルメ・ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 季節はずれの殺人 : 板前探偵包丁推理
著作者等 山村 正夫
書名ヨミ キセツ ハズレ ノ サツジン
書名別名 Kisetsu hazure no satsujin
シリーズ名 Joy novels
出版元 実業之日本社
刊行年月 1996.1
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 4408502820
全国書誌番号
96036537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
冷凍殺人死体 山村 正夫
季節はずれの殺人 山村 正夫
恐い魚の目 山村 正夫
死の鮨ネタメッセージ 山村 正夫
献身の女 山村 正夫
社員寮の死角 山村 正夫
郷愁の殺意 山村 正夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想