円地文子の源氏物語  巻1

円地文子 著

紫式部の筆になる『源氏物語』は、光源氏の物語といってもいい。類いまれなる美貌と才能にめぐまれた光源氏は、古来、日本を代表する美男として、あまりにも有名である。帝の愛子として、誕生から成婚までの「桐壼」の巻から、空蝉に再会する「蓬生・関屋」の巻までを収録。起伏に富んだ光源氏の青春時代の明暗を描いて、現代語訳に生涯を賭けた著者の精髄ここに結実。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円地文子の源氏物語
著作者等 円地 文子
書名ヨミ エンチ フミコ ノ ゲンジ モノガタリ
書名別名 Enchi fumiko no genji monogatari
シリーズ名 わたしの古典
集英社文庫
巻冊次 巻1
出版元 集英社
刊行年月 1996.1
ページ数 287p
大きさ 16cm
ISBN 4087484319
NCID BN15049756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想