日本の米を考える  4 (日本人にとっての米)

大内力, 佐伯尚美 編

[目次]

  • 第1章 水田を放っておくと日本がおかしくなる
  • 第2章 米の栄養・味覚・利便性を考える
  • 第3章 主食・米へのこだわりと生協の選択
  • 第4章 米自由化と消費者運動の座標軸
  • 第5章 稲作文化が育んだ花鳥風月の原点
  • 第6章 水田稲作の今日的意義と存立要件
  • 第7章 農山村が日本の国土を保全する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の米を考える
著作者等 井上 ひさし
佐伯 尚美
吉田 武彦
大内 力
太田 吉泰
日和佐 信子
田村 真八郎
筑波 常治
書名ヨミ ニホン ノ コメ オ カンガエル
書名別名 日本人にとっての米

Nihon no kome o kangaeru
巻冊次 4 (日本人にとっての米)
出版元 家の光協会
刊行年月 1996.2
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 4259544578
NCID BN13781603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想