これでよいのか日本の医療 : 整形外科医の歩みから

中野昇 著

日本の医学教育が危ない。医療制度がおかしい。このままでは21世紀の日本医療は崩壊必至。世界の医療事情をつぶさに知る著者が、豊富な経験から今あえて提言する。権威にもたれかかった日本医学界には耳の痛い警鐘の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の医療はこれでいいのか
  • 2 医師への道
  • 3 米国への留学
  • 4 密度濃い留学生活
  • 5 日本の医局制度
  • 6 整形外科医としての工夫
  • 7 中野整形外科医院開業
  • 8 医師としての活動
  • 9 教授選
  • 10 中国との交流
  • 11 診療所から見た医療行政

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これでよいのか日本の医療 : 整形外科医の歩みから
著作者等 中野 昇
書名ヨミ コレデ ヨイノカ ニホン ノ イリョウ
書名別名 Korede yoinoka nihon no iryo
シリーズ名 ドクターズ・ベストブック
出版元 旺史社
刊行年月 1996.1
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 4871191079
NCID BN14098701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想