シルクを食べる絹の再発見

平林潔 著

シルクを食べる、それは分子の世界の話。食べるだけでなく、医療品、化粧品、衣料品、日常生活品、化学品など、ますます絹再発見の波紋は広がり続ける。付-ふるさと振興会・谷口さんを訪ねて(京都府与謝郡加悦町)。繭の里を訪ねて(栃木県那須郡那須町)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 絹を食べる
  • 第2章 食べるシルクの驚くべき機能性
  • 第3章 絹食品の実用化
  • 第4章 絹は健康衣料品
  • 第5章 注目される絹の新用途

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シルクを食べる絹の再発見
著作者等 平林 潔
書名ヨミ シルク オ タベル キヌ ノ サイハッケン
書名別名 Shiruku o taberu kinu no saihakken
出版元 高輪出版社
刊行年月 1996.1
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 4795260176
NCID BN14623299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96036045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想