タンパク質のフォールディング : 原理・機構・応用

R.H.ペイン 編 ; 後藤祐児, 河田康志 訳

原理からバイオテクノロジーへの応用まで、タンパク質フォールディング研究の最新の知見を第一線の専門家がやさしく解説した入門書。タンパク質研究者、バイオテクノロジーに携わる研究者、大学院生、エンジニア必読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 タンパク質のフォールディング
  • 第2章 タンパク質のフォールディングの初期段階
  • 第3章 モルテン・グロビュールモデルの貢献
  • 第4章 律速段階としてのプロリン異性化
  • 第5章 ジスルフィド結合の形成
  • 第6章 タンパク質工学によるタンパク質フォールディングの解析
  • 第7章 マルチサブユニット構造のアセンブリー
  • 第8章 タンパク質は細胞内でどのようにフォールディングするか
  • 第9章 バイオテクノロジーにおけるタンパク質のフォールディング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タンパク質のフォールディング : 原理・機構・応用
著作者等 Pain, R. H.
Pain, Roger H
後藤 祐児
河田 康志
Pain Roger H.
ペイン R.H.
書名ヨミ タンパクシツ ノ フォールディング
書名別名 Mechanisms of protein folding

Tanpakushitsu no forudingu
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1995.12
ページ数 285p
大きさ 26cm
ISBN 4431706852
NCID BN13758678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想