異態習俗考

金城朝永 著 ; 礫川全次 解説

本書は、1933年に六文館から出版されたが、当時の民俗学の主流は、柳田国男の学問的閉鎖主義によって一国民俗学に収斂されつつあった。日本の民間伝承の史料を再構築して、異人論・マレビト論を展開した岡正雄・折口信夫・中山太郎らの民俗学の方法は、柳田国男の農耕民を基盤とする「常民」概念によって徹底的に排除され抑圧されてしまった。金城の民俗・民族学は、非主流の中でひときわ異彩を放ち、柳田民俗学の範畴を越える発想をもった異色で個性的な研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人類犠牲譚・その他
  • 呪詛秘録・その他
  • 拭ふ習俗・その他
  • 乱婚異説・その他
  • 琉球の島々に於ける性生活・その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異態習俗考
著作者等 礫川 全次
金城 朝永
書名ヨミ イタイ シュウゾク コウ
書名別名 Itai shuzoku ko
出版元 批評社
刊行年月 1996.1
ページ数 408, 5p
大きさ 20cm
ISBN 482650196X
NCID BN13705558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想