民事証拠法論集 : 情報開示・証拠収集と事案の解明

春日偉知郎 著

[目次]

  • 第1章 証拠収集手続-係争事実をめぐる情報の開示と証拠の収集
  • 第2章 新種証拠の証拠調べ
  • 第3章 実体法上の情報請求権-その実行手続と現代的意義
  • 第4章 ドイツ民事訴訟法における「独立的証拠手続」
  • 第5章 自由心証主義
  • 第6章 比較法から見た損害額の認定
  • 第7章 裁判上の自白-間接事実及び補助事実の自白を中心として
  • 第8章 製造物責任訴訟における事案解明-最近のドイツの判例からの眺望
  • 第9章 製造物責任における証明責任
  • 第10章 請求異議訴訟における主張責任と証明責任
  • 第11章 鑑定人の責任

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事証拠法論集 : 情報開示・証拠収集と事案の解明
著作者等 春日 偉知郎
書名ヨミ ミンジ ショウコホウ ロンシュウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1995.12
ページ数 317, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4641038368
NCID BN13660289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想