近くて遠い祖国

班忠義 著

中国青年が見た白い大地の人々の群像。あなたが日本人ならば、知ってほしい。凍てつく中国の大地に、こういう人たちが今もいることを。大地の人々を育てた中国、そしてかつての加害者である国、日本。戦争で中国に残され、二重のアイデンティティを持つ女性たち、残留日本婦人。中国青年の目に、彼女たちはどう映ったか。文化とは、国とは、そして理解とは何か。ノンフィクション朝日ジャーナル大賞受賞作家による渾身の書きおろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 夢の「北大荒」へ
  • 第2部 揺れ動く残留日本人の心と暮し
  • 第3部 祖国よ、天使になって帰ろう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近くて遠い祖国
著作者等 班 忠義
書名ヨミ チカクテ トオイ ソコク
書名別名 Chikakute tooi sokoku
出版元 ゆまに書房
刊行年月 1996.1
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4897140080
NCID BN13916429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想