神と人類の古代核戦争  下

ゼカリア・シッチン 著 ; 北周一郎 訳

シナイ半島の宇宙港、航空宇宙施設であるギザの大ピラミッド、エルサレムの航空管制センター、第1次・第2次ピラミッド戦争、「バベルの塔」事件の真相-シュメール文明の粘土板の解読によって次々と明らかになる衝撃の内容。これらはすべて、太古の地球の管理権を巡って覇権争奪戦が実際に行われたことを指し示していた。そして、さらに研究を続けていくうちに著者ゼカリア・シッチンは、戦慄すべき結論にたどりつく。人類最古のシュメール文明は異星人アヌンナキが投下した「7つの恐怖の武器(核爆弾)」によってもたらされた「災いの雲(死の灰)」によって滅亡していた-。今ここに解き明かされる驚愕の地球太古史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神々のピラミッド戦争
  • 神に与えられた人類の文明
  • 大ピラミッドの幽囚
  • 女神イナンナの地球制覇
  • 引き裂かれた古代世界
  • アブラハム・「創世記」第14章の謎
  • 最後の審判・核のホロコースト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神と人類の古代核戦争
著作者等 Sitchin, Zecharia
北 周一郎
シッチン ゼカリア
書名ヨミ カミ ト ジンルイ ノ コダイ カク センソウ
書名別名 The wars of Gods and men
シリーズ名 Mu super mystery books
巻冊次
出版元 学習研究社
刊行年月 1995.9
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 4054004997
全国書誌番号
96035538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想