濃尾平野の歴史  2 (古代の川と地名を探る)

小池昭 著

[目次]

  • 濃尾平野の歴史 二 目次
  • 第一編 古代の川とその背影
  • 一 古代の五条川水系とその周辺 / 1
  • 一、五条川の名称の由来 / 1
  • 二、五条川の古代に果した役割 / 5
  • 三、五条川水系の弥生遺跡 / 8
  • 四、五条川水系の古墳 / 11
  • 五、五条川水系の古社(式内社) / 20
  • 二 木曽川堤とその周辺 / 30
  • 三 日光川とその周辺 / 39
  • 一、概説 / 39
  • 二、日光川の生い立ち / 43
  • 三、徳川時代の日光川の改修工事 / 47
  • 四、日光川沿線の古墳 / 50
  • (一)概説 / 50
  • (二)瀬部・時之島古墳群 / 56
  • (三)東浅井・佐千原古墳群 / 58
  • (四)今伊勢古墳群 / 61
  • (五)祖父江古墳群 / 63
  • (六)津島古墳群 / 65
  • 五、日光川沿線の式内社 / 70
  • 四 古代青木川とその周辺 / 80
  • 一、概説 / 80
  • 二、木津から犬山への地名変遷 / 87
  • 三、上野古墳群 / 91
  • 四、斎藤古墳群 / 94
  • 五、式内社井出神社 / 96
  • 六、円長寺古墳 / 97
  • 七、青木川沿線の式内社 / 98
  • 八、二・三の式内社の検討 / 102
  • 五 目比川とその周辺 / 104
  • 一、概説 / 104
  • 二、自然堤防地域 / 106
  • 三、必從谷・必從川 / 108
  • 六 阿古井川とその周辺 / 112
  • 一、概説 / 112
  • 二、阿古井・鞆江の語源 / 114
  • 七 尾張平野の河川名について / 117
  • 一、一の枝・二の枝・三の枝について / 117
  • 二、幼川と五条川、古川と日光川、石枕川と青木川 / 118
  • 結語 / 121
  • 第二編 地名から探る尾張の古代
  • 一 「アユチ」・「アジマ」・「アハチマ」・「アコイ」の語源 / 123
  • 二 「ナカ」・「シマ」・「コウリ」の語源 / 130
  • 三 「ノブ」と「ガタ」の語源 / 137
  • 四 「ニワ」の語源 / 139
  • 五 西春・師勝方面の地名 / 144
  • 六 伊富利部神社の語源 / 145
  • 七 熱田台地の「ガマ」について / 147
  • 八 猿投山・猿投神社の語源 / 149

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 濃尾平野の歴史
著作者等 小池 昭
書名ヨミ ノウビ ヘイヤ ノ レキシ
書名別名 Nobi heiya no rekishi
巻冊次 2 (古代の川と地名を探る)
出版元 小池昭
刊行年月 1995.10
ページ数 152p
大きさ 19cm
全国書誌番号
96035586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想