福岡からアジアへ  3 (環濠集落の源流を探る)

「文明のクロスロード・ふくおか」地域文化フォーラム実行委員会 編

中国最古級の城壁を持つ陰湘城域跡。北部九州の弥生社会における国家成立に深く関わる環濠集落の源流を、日本と中国による戦後初の共同発掘調査団が報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環濠集落の源流を探る
  • 第2部 墓制の変容を探る
  • 第3部 ラオス・ジャール平原報告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福岡からアジアへ
著作者等 「文明のクロスロード・ふくおか」地域文化フォーラム実行委員会
「文明のクロスロードふくおか」地域文化フォーラム実行委員会
書名ヨミ フクオカ カラ アジア エ
書名別名 環濠集落の源流を探る

Fukuoka kara ajia e
巻冊次 3 (環濠集落の源流を探る)
出版元 西日本新聞社
刊行年月 1995.11
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 4816704043
NCID BN13617279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035555
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想