風土記の考古学  3

山本 清【編】

古代の地方史を知る貴重な文献である五つの「風土記」から、各巻それぞれ考古学的テーマをひろいだし、古風土記を新たな視点から研究することを試みた諸論考の集成。考古学関係者、古代史関係者必見の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『出雲国風土記』の成立
  • 『風土記』時代の出雲の自然環境
  • 「宍道湖・中海」周辺における縄文遺跡と古環境
  • 弥生・古墳時代の出雲
  • 出雲の鉄
  • 出雲における須恵器の生産・流通と特質
  • 古墳・横穴墓からみた古代社会
  • 出雲の後期古墳文化と九州
  • 出雲国府と周辺の遺跡
  • 郡衙と正倉跡
  • 『出雲国風土記』の五烽
  • 『出雲国風土記』の「〓」と「戍」
  • 神奈備山とその祭祀
  • 黄泉窟考
  • 文献解題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風土記の考古学
著作者等 山本 清
書名ヨミ フドキ ノ コウコガク
書名別名 出雲国風土記の巻

Fudoki no kokogaku
シリーズ名 出雲国風土記
巻冊次 3
出版元 同成社
刊行年月 1995.12
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 4886211321
NCID BN1367955X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
出雲国風土記の巻 山本 清
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想