文明の流れを決した世界戦争史の真相と謎 : なぜ戦争は避けられないのか?その功罪を探る

大沢正道 著

古典戦争から湾岸戦争まで代表的戦争を詳説し、人類の歴史とともにあった戦争を文明の流れのなかで捉え、その真相と謎を探る異色の「戦争世界史」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦争とは何か
  • 第1章 世界帝国をめざした帝国戦争
  • 第2章 ゲーム感覚の封建戦争
  • 第3章 血で血を洗う宗教戦争
  • 第4章 世界を分割した白人の植民地戦争
  • 第5章 民主主義が生んだ国民戦争
  • 第6章 人類絶滅にひた走る全体戦争
  • 終章 戦争の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明の流れを決した世界戦争史の真相と謎 : なぜ戦争は避けられないのか?その功罪を探る
著作者等 大沢 正道
書名ヨミ ブンメイ ノ ナガレ オ ケッシタ セカイ センソウシ ノ シンソウ ト ナゾ
シリーズ名 Rakuda books
出版元 日本文芸社
刊行年月 1996.1
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4537024992
NCID BA37632708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想