ヴィオルヌの犯罪

マルグリット・デュラス 著 ; 田中倫郎 訳

人体の多くの断片が、ほとんどフランス全土にわたって、さまざまな貨車の中から発見された。被害者は極度の肥満体の女性、そしてこれらの断片を運んだ列車は同一地点-ヴィオルヌの陸橋を通過していることが判明した。だが、いまだに頭部のみは発見されていない…。デュラスが実際の事件に取材し、十年の歳月をかけて結実させた「狂気」をめぐる凄絶な物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィオルヌの犯罪
著作者等 Duras, Marguerite
田中 倫郎
デュラス マルグリット
書名ヨミ ヴィオルヌ ノ ハンザイ
書名別名 L'amante anglaise

Viorunu no hanzai
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1996.1
ページ数 240p
大きさ 15cm
ISBN 4309461468
NCID BN14181849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想