遺臣の群

南条範夫 著

十五代将軍慶喜の大政奉還後に勃発した鳥羽伏見の戦いに参戦し負傷、辛うじて江戸に戻ってきた旗本の小出家当主準之助は、すでに時流は徳川の社稷に終わりを告げたことを見極めていた。が、彼の前に現れた弟貞次郎と幼馴染で妹みをの許婚本山金吾は徹底して抗戦論を唱え、準之助の必死の説得にも関わらず、官軍に一矢報いようと彰義隊に加わるのだった-。幕末維新を疾駆した男達の群像を描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺臣の群
著作者等 南条 範夫
書名ヨミ イシン ノ ムレ
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1996.1
ページ数 313p
大きさ 16cm
ISBN 4198904502
全国書誌番号
96034906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想