フランス・バロック演劇研究

藤井康生 著

17世紀フランスの演劇空間を精緻に読み解き、その想像力のありようと今日的問題性を鮮やかに浮彫りにする意欲作。著者積年の研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 バロック研究の変遷と今日的意義(バロックの発見
  • 1960年代のバロック・ブーム
  • バロックとマニエリスム
  • バロックの凋落から復活へ)
  • 第2部 バロックと演劇(悲喜劇
  • 劇中劇
  • 分身劇
  • 殉教劇
  • 祝祭劇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス・バロック演劇研究
著作者等 藤井 康生
書名ヨミ フランス バロック エンゲキ ケンキュウ
書名別名 Furansu barokku engeki kenkyu
出版元 平凡社
刊行年月 1995.11
ページ数 365p
大きさ 22cm
ISBN 4582238076
NCID BN13620014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想