古筆学のあゆみ

古筆学研究所 編

[目次]

  • 『家良集』考-伝定家筆五首切を中心に
  • 伝慈円筆後撰和歌集切考
  • 中世における物語和歌享受の一様相-付、伝二条為明筆暦切について
  • 曽田文雄氏所蔵「源氏物語略本切」について
  • 「大斎院前の御集」と連歌の書写形式-住吉物語の連歌との接点を探る
  • 物語古筆切の成果
  • 『養老の縁起絵巻』の成立
  • 春日曼荼羅と画讃
  • 古筆学の一側面
  • 古筆学の萌芽とその推進・発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古筆学のあゆみ
著作者等 古筆学研究所
書名ヨミ コヒツガク ノ アユミ
シリーズ名 古筆学叢林 第5巻
出版元 八木書店
刊行年月 1995.12
ページ数 360p
大きさ 22cm
ISBN 4840694052
NCID BN13672368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想