食品製造業者のためのPL法

食品製造業者のためのPL法研究会 編著

本書は食品を中心として、法律の内容や製造物責任対策についてQ&A方式で説明。また、関係資料として、食品に係る消費者被害防止・救済対策のあり方、国民生活審議会報告等を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 製造物責任法理の考え方と日本への導入
  • 第2部 Q&A(製造物責任法一般
  • 欠陥
  • 国の安全規制との関係
  • 製造物の範囲
  • 責任主体
  • 損害賠償の範囲
  • 推定規定
  • 免責事由
  • 期間の制限
  • 民法の適用、施行時期
  • 製造物責任対策)
  • 第3部 関係資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品製造業者のためのPL法
著作者等 食品製造業者のためのPL法研究会
農林水産省食品流通局
書名ヨミ ショクヒン セイゾウギョウシャ ノ タメノ ピーエルホウ
出版元 大成出版社
刊行年月 1995.7
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 4802858078
NCID BN12899404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想