シナプス伝達のダイナミクス : 記憶と学習のメカニズムをさぐる

吉岡亨 ほか共編

本書は、特にシナプスで起こる刺激(情報)伝達の機構を中心に解説。今後のシナプス研究の方向をも示唆する内容であり、生物学、医学、薬学の領域をはじめ、脳・神経や生体膜の研究に関連する諸分野の学生・研究者にとっても大変有用な参考書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 化学伝達研究の分野における日本人研究者の貢献
  • 2 世界のシナプス研究の現状
  • 3 シナプスにおけるイオンチャネル
  • 4 シナプス小胞タンパクの機能
  • 5 神経伝達物質の開口放出
  • 6 シナプス可塑性と学習・記憶-無脊椎動物
  • 7 シナプス可塑性と学習・記憶-脊椎動物
  • 8 シナプス伝達の仮説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シナプス伝達のダイナミクス : 記憶と学習のメカニズムをさぐる
著作者等 吉岡 亨
工藤 佳久
桐野 豊
書名ヨミ シナプス デンタツ ノ ダイナミクス
書名別名 Shinapusu dentatsu no dainamikusu
シリーズ名 情報生物学シリーズ 4
出版元 培風館
刊行年月 1995.12
ページ数 146p
大きさ 22cm
ISBN 4563038547
NCID BN13607060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想