棲み場所の生態学

竹門康弘 ほか著

[目次]

  • 第1章 水域の棲み場所を考える
  • 第2章 淡水域の動物による「棲み場所改変」と種間関係
  • 第3章 河川ベントスの棲み込み関係、キースピーシスとしてのトビケラ
  • 第4章 スナモグリ類による棲み場所の性状改変とベントス群集への影響
  • 第5章 海のベントス群集と棲み場所の構造-棲み場所と相互作用からベントス群集を考える
  • 第6章 海洋内湾の植物プランクトン群集と棲み場所の構造
  • 第7章 棲み場所を踏まえた共存の条件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 棲み場所の生態学
著作者等 向井 宏
川端 善一郎
竹門 康弘
谷田 一三
玉置 昭夫
書名ヨミ スミバショ ノ セイタイガク
シリーズ名 シリーズ<共生の生態学> 7
出版元 平凡社
刊行年月 1995.11
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 4582500374
NCID BN13464305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想