冷血の教育学 : だれが子供の魂を殺したか

カール=ハインツ・マレ 著 ; 小川真一 訳

[目次]

  • 1章 教育の再生
  • 2章 市民的教育の誕生
  • 3章 近代的・市民的教育の実際
  • 4章 ジャン=ジャック・ルソー-児童教育の転機か?
  • 5章 ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ-「哀れな子供たちを、わたしのところへよこしなさい」
  • 6章 教育の黄金時代
  • 7章 道徳教育
  • 8章 市民時代の子供
  • 9章 シュレーバー博士の野蛮な教育
  • 10章 幼年時代の回想
  • 11章 ひそかな抵抗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冷血の教育学 : だれが子供の魂を殺したか
著作者等 Mallet, Carl-Heinz
小川 真一
Mallet Carl‐Heinz
マレ カール‐ハインツ
書名ヨミ レイケツ ノ キョウイクガク
書名別名 Untertan Kind
出版元 新曜社
刊行年月 1995.12
ページ数 433, 15p
大きさ 19cm
ISBN 4788505444
NCID BN13658979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想