経済制度の国際的調整

岩田一政, 深尾光洋 編

経済システム変革への知的基盤。各国の経済制度は一つに収斂すべきものなのか。あるいは、制度間の競争に選択を委ねるべきなのか。各国経済の相互依存の深まりが生み出した大問題、制度の国際的調整。競争法、会計制度、銀行規制、コーポレート・ガバナンス、税制にわたり、日本がめざすべき経済システムを展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済制度の国際的調整
  • 第1章 競争法の国際的調整
  • 第2章 会計基準の国際間調整の政治経済的意義
  • 第3章 銀行の国際的規制
  • 第4章 金融の国際化、コーポレート・ガバナンス構造と企業のパフォーマンス
  • 第5章 移転価格税制と直接投資
  • 第6章 国際資本移動と租税協調

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済制度の国際的調整
著作者等 伊藤 邦雄
岩田 一政
深尾 光洋
中里 実
村上 政博
岩本 康志
書名ヨミ ケイザイ セイド ノ コクサイテキ チョウセイ
書名別名 Keizai seido no kokusaiteki chosei
シリーズ名 シリーズ現代経済研究 11
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1995.12
ページ数 281p
大きさ 22cm
ISBN 4532131081
NCID BN13620411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想