アジア太平洋フュージョン : APECと日本

船橋洋一 著

橋渡しを超えてフュージョン(融合)へ。大阪会議で7年目を迎えたAPECの生成・発展とその背後にある国際政治と文明のドラマを、各国指導者への広範緻密な取材によって鮮やかに浮かび上がらせ、日本の歴史的使命を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 "小文字のc"
  • 第1章 「与えるものが、支配する」
  • 第2章 APEC群像
  • 第3章 "潜在的に歴史的"
  • 第4章 APECビジョン
  • 第5章 2020
  • 第6章 隠れた議題
  • 第7章 自由化の国際政治
  • 第8章 APECウエイ
  • 第9章 新パワーバランス
  • 第10章 日本とAPEC
  • 第11章 日本とEAEC
  • 第12章 日本とアジア太平洋
  • 第13章 日本の役割-橋渡しを超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア太平洋フュージョン : APECと日本
著作者等 船橋 洋一
書名ヨミ アジア タイヘイヨウ フュージョン
書名別名 Ajia taiheiyo fyujon
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.11
ページ数 430p
大きさ 20cm
ISBN 4120025055
NCID BN13478354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想